きのこラインナップ

いろいろな料理・シチュエーションに合う信州中野市の「きのこ」たち

えのき茸

生産量日本一! しゃっきりとした食感が特徴

信州中野市は、全国第一位の生産量を誇っているえのき茸。軸が何本も重なって生育し、笠が開ききらないもので白色もつやがあり、しっかりとした感じのものが、香りも味も格別です。発ガン抑制物質β-グルカンが含有し、グルタミン酸などのアミノ酸やグアニン酸などが含んでいます。さらに、ビタミンB1・B2が多く、ビタミンDの効果をもつエルゴステリンを含むことが特徴です。
JA中野市産えのきができるまではこちら

えのきの写真

やまびこしめじ

旨みたっぷり!食感抜群!

やまびこしめじは、旨味が増した料理栄えし、苦味を感じない「きのこ」です。 旨味を感じる物質であるグルタミン酸やアラニンの数値も従来のものより高くなってあります。苦味成分とされるテルペン類が、約1/3以下となり、ほのかな甘味と香りをマイルドにしました。
発ガン抑制物質β-グルカンも従来の数値より約3倍になりました。株がほぐしやすく、料理が簡単になり料理してもシャキシャキ感がのこります。

やまびこしめじの写真

ヌルヌルと歯ごたえがおいしい!

褐色で身が固く引き締まった粒のもので、水分に濁りのないものが良品です。 日が経つと、ぬめりが溶けてドロドロになり色が暗褐色になります。袋詰めのまま冷蔵庫で一週間程度保存できますが、なるべく早く食べましょう。 発ガン抑制物質β-グルカン含有し、ビタミンDの効果をもつエルゴステリンを少量含んでいます。

なめこの写真

食物繊維がたっぷり、歯ごたえのあるきのこ

エリンギは、甘味があってクセが無くとても美味しいキノコです。食感は歯ごたえがあってアワビのようだとよく言われます。 成分は他のキノコに比べて糖含有量が多く、特にトレハロース(低カロリーな糖)が多く含まれています。
それ以外にもビタミンB1やミネラル、食物繊維をたくさん含んでいますので、低カロリーでとてもヘルシーなキノコと言えます。

エリンギの写真

バイリング(ハクレイ茸)

幅広い料理に使える食材

バイリングは、ベータグルカンを豊富に含み、和食・洋食・中華を問わず幅の広い料理の食材として利用いただけます。 中国では病気の予防、治療に民間薬として用いられてきました。

バイリングの写真

あぎ茸

原産地は中国。旨味成分たっぷりのきのこ

エリンギやバイリングの仲間で、原産地は地中海沿岸や中国の新彊ウイグル地区と言われています。傘がしいたけ、軸がエリンギの食感に似ています。肉質がしっかりしていて、くせがなく、どんな料理にも使え旨味成分である遊離アミノ酸が多いのが特徴です。蒸し物、オーブン・網焼き、バター焼きににしたり、カレーやシチューの具にしてもおいしいです。

黒あわび茸

アワビを思わせるコリコリとした歯ごたえ

黒あわび茸はヒラタケの仲間で高温多湿の亜熱帯地方で採れるきのこ。中野市以外では沖縄、和歌山、滋賀で栽培されています。表面は黒から茶褐色でコリコリとした歯ごたえがあります。その歯ざわりがアワビを思わせる事から黒あわび茸と呼ばれるようになりました。
煮崩れや縮みが少なく、油との相性がよいので天ぷらやソテーで食べるのがお奨め。パスタや煮物もOK。初めての方はバターソテーで食べてみて下さい。