JA 中野市産えのき茸ができるまで

食卓に並ぶおなじみの食材「えのき茸」。
えのき茸ってどうやって栽培しているかご存知ですか?
JA中野市では安心して食べていただけるように徹底した管理のもと、えのき茸を栽培しています。ここではその生産工程をご紹介致します。

施設に入る前に。

えのき茸栽培は菌を扱うので、余計な雑菌が入らないようエアスプレーでごみを飛ばしたのち、施設に入ります。

強い風でゴミをとばします。


培地づくり

えのき茸ができる地である培地(ばいち)をつくります。コーンコブミール、コメヌカ、栄養剤をかくはん機にいれ、細かく砕きます。水分を65%にするため、水を加えながら均一にかくはんしたら、プラスティックのビンに詰め蓋をします。

大きなミキサーで混ぜていきます。

機械で培地をビンに詰めていきます。


殺菌

培地を詰め込んだビンを蒸気で約100℃で6~7時間、高温殺菌を行い無菌化します。これにより殺菌はもちろん、栄養剤も菌糸が利用しやすい状態になります。 殺菌後はビンを15℃以下に冷やします。

大きな殺菌釜に培地を入れた容器を入れます。


接種

殺菌後の培地にいよいよえのき茸の菌糸を植えつけます。この作業を「接種」と読んでいます。1本のビンに対して種菌を10~20gほど植えつけます。

左側のタンクに種菌が入っています。


培養

接種後、植えつけた菌糸をビン内にむらなくまわします。ビン全体に菌糸がまわったら培養は完了。 培養室は温度管理がされており、温度は13~14℃、湿度は70~75%で保たれています。

最初は培地の茶色い
部分が目立ちます。

だんだん白い部分が
広がってきます。

ビン全体が白く
菌糸がまわった状態です。

一定の温度管理がされた培養室。


菌掻き

培養が完了したら、老化した表面の種菌を取り、えのき茸の発生を促すために菌が育つ菌床を整えます。

機械がビンの表面を削り取ります。


芽出し

菌掻きをした後すぐに芽が出やすい条件を与えます。温度14~15℃、湿度95%で乾かさないように 管理します。菌掻きから10日後、えのき茸の芽が出たら芽出しは終了です。

湿度・温度を一定にし管理します。

菌掻き後のビンの様子。

10日ほどして、えのき茸の芽が出てきました。


ならし

芽出しが終了したら、3~5℃の環境で茎の成長をおさえて生育を整える「抑制」という工程に入りますが、その間の温度変化が急激なので、中間的な管理条件でならしてから「抑制」に移ります。この中間管理を「ならし」と呼びます。室温7~8℃湿度90%で管理します。


ならし

ならしが終わったら、光・風・空気を使いながら茎の長さをそろえ、茎を充実させえのき茸を硬くさせます。またここでえのき茸の傘もある程度育てます。

えのきの形を作っていきます。


紙巻き

ビン口から伸びて成長したえのき茸はそのままにしておくと茎の数が多いため横に広がり商品性が落 ちてしまうので、ビンから2~3cm成長したところで紙を巻き、えのき茸の成長を整えます。

青色のシートでくるみます。

だいぶ成長してきました。


生育

管理状態は「抑制」と同じ環境で、傘のでき具合、茎の硬さに注意して最後の管理を行います。

紙巻から頭が出るくらいまで成長しました。


収穫

できたえのき茸をビンから外し、収穫。そのあとすぐに計量・包装し、出荷出来る状態にします。

えのき茸を収穫する場所まで運びます。

一つ一つ丁寧に収穫しベルトコンベアに載せます。

パッケージ別に計量し、袋詰めします。

袋詰めされた商品を段ボールに梱包します。

JA 中野市産えのき茸の完成!このあと出荷され、 みなさんの食卓に並びます


いかがでしたか?
JA中野市のえのき茸は、しっかりした温度・湿度管理と生産者の方の愛情で、あのシャキシャキおいしいえのき茸ができるんです。
いろんな料理にベストマッチなJA中野市のえのき茸をぜひ召し上がってください!